北朝鮮の核実験場で活発な動きが察知された。

米国の北朝鮮専門ニュースサイト「38ノース」は、咸鏡北道(ハムギョンブクト)吉州(キルチュ)郡豊渓里(プンゲリ)にある核実験場を今月7日に撮影した衛星写真を分析した結果、北側の入り口付近に資材や車両と思われる物体が現れたと報じた。また、人の動きも観察されている。

これが坑道のメンテナンスのためなのか、5回目の核実験に向けた動きなのかは不明だが、命令が下されればすぐにでも核実験ができる準備ができている状態だとも伝えている。