北朝鮮の外務省の代弁人(スポークスマン)は11日、「米国の軍事的動きが朝鮮半島の情勢を極点に追い込もうとしている」と非難する談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が配信した。

談話では、米国が模擬打撃訓練を実施する計画を発表したことに対して、「朝鮮半島に核戦争の暗雲をもたらすことを画策しており、そのための実践的段階に進入したということを示している」と指摘した。

さらに、「(米国は)朝鮮半島を核戦争場に転変させ、これを通じて侵略的なアジア太平洋戦略を本格的に実現してみようとしている」としながら「米国が高高度ミサイル防衛システム『THAAD』を南朝鮮に配備すると公式に決定したことも、このような脈絡から成されたものである」と主張した。

そのうえで、「米国のこのような策動によって朝鮮半島と地域で平和と安全が甚だしく脅かされており、核戦争の危険は目前の現実に迫っている」としながら「米国があくまでも朝鮮半島で核戦争を挑発する場合、必ず米国が先に核の火の洗礼を受けるであろう」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。