中国政府は8日、韓国と米国が最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍への配備決定を発表したことを受け、両国大使を呼んで抗議したもようだ。聯合ニュースが伝えた。

中国外務省は同日の発表直後、ウェブサイトに「強い不満と断固とした反対」の立場を表明する声明を掲載している。