金正恩氏が、金日成主席の死去から22年を迎え、平壌の錦繍山(クムスサン)太陽宮殿を訪れた。しかし、過去にはない異例の参拝となった。

「変態幹部」も軍服姿で

金正恩氏が北朝鮮の最高指導者となったのは2011年12月である。その翌年から金正恩氏は、毎年、金日成氏の誕生日(太陽節)と命日(7月7日)、そして金正日氏の誕生日(光明星節)と命日(12月17日)に、錦繍山(クムスサン)太陽宮殿を参拝している。