韓国と米国は8日、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」を在韓米軍に配備することを最終的に決定したと発表した。

両国は、今年1月の北朝鮮の核実験と、それに続く事実上の長距離弾道ミサイル発射を受け、THAADの韓国配備に向けた正式な協議を開始。3月4日に共同実務団を発足させ、THAAD配備の是非や配備候補地などを検討してきた。

中国に気兼ね

これに対し、中国とロシアは強く反発してきた。THAADの韓国配備は、中国とロシアの弾道ミサイルの無力化を狙ったもので、米国との戦力バランスを著しく不安定にする、との主張からだ。

また、韓国は従来、最大の貿易相手である中国に気兼ねして、THAAD配備に踏み切れなかった経緯もある。

韓国と米国は発表に際し、「北朝鮮のミサイル脅威に対する韓米同盟のミサイル防衛能力を強化させる」「THAADが韓国に配備されれば、北朝鮮の核とミサイルのみに対して運用される」などと説明しているが、中ロとの間に長くしこりが残ることが予想される。

    関連記事