一方、サンクトペテルブルクのインターネットメディア、フォンタンカは、独自取材の結果、同書記官がすでに出国したと伝えている。

キム・スンチョルもしくはキム・チョルソンという名前のこの書記官は、1日正午ごろ、行き先を告げずにフォルクスワーゲン「Polo」の公用車に乗り、市内中心部のワシリエフスキー島ナヒモヴァ通り7番地にある事務所を出た。

その翌日の2日、彼はプルコボ空港に向かったことが道路上の監視カメラで確認されている。そして、19時45分発のベラルーシ国営ベラヴィア航空946便に妻、息子と共に搭乗、ミンスクに向かった。その後、西ヨーロッパに向かったものと思われる。チケット購入は、離陸のわずか3時間前のことだった。

    関連記事