北朝鮮の政府代弁人(スポークスマン)は6日、核問題に関する声明を発表。同日、朝鮮中央通信が配信した。

声明は、米韓が北朝鮮の非核化を対話の前提にしていることに対して「朴槿恵一味は『先北の非核化』を万能の哀願の方便に持ち出してあちこちを奔走し、機会あるたびにわれわれに対する制裁と圧迫共助を頼むためにさまざまな醜態を演じている」と非難。

そのうえで「われわれが主張する非核化は朝鮮半島全域の非核化であり、これには南の核廃棄と南朝鮮周辺の非核化が含まれている」と主張した。

さらに「米国とかいらい一味が朝鮮半島の非核化過程を挫折させた」としながら、次のように強調した。

われわれの原則的な要求にあくまでも顔を背けるなら、時間が経つほどわれわれの核は質量共にいっそう強化され、その威力は想像できない高度化の境地に達するということを銘記すべきである。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。