北朝鮮の秘密警察「国家安全保衛部(以下:保衛部)」がスパイ事件に関与した疑いで300人の住民を逮捕したとのニュースが伝わってきた。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、保衛部は「送金ブローカー」を取り締まる名目で大々的な摘発を行っているという。

粛正・処刑の裏で暗躍する秘密警察

保衛部は、金正恩式「恐怖政治」の実行部隊だ。2012年には叔父で事実上のナンバー2だった張成沢氏、そして2015年には、国防大臣にあたる玄永哲人民武力部長を粛清し、処刑に追いやってきた。高級幹部だけでなく、一般国民の処刑にも深く関わっている。

(参考記事:「家族もろとも銃殺」「機関銃で粉々に」…残忍さを増す北朝鮮の粛清現場を衛星画像が確認

北朝鮮国民に対する保衛部の影響力は絶大で、法的手続きなしで逮捕でき、政治犯収容所に入れたり、死刑にしたりできるなど強力な権限を持つ。金正恩独裁体制を維持する「背骨」のような機関と言っても過言ではない。