北朝鮮の各地で金正恩氏が国務委員長に推戴されたことを祝う大会が開かれている。朝鮮中央通信は4日、平安北道(ピョンアンブクト)、黄海南道(ファンヘナムド)、慈江道(チャガンド)、江原道(カンウォンド)、咸鏡南道(ハムギョンナムド)の各地で大会が行われたと報じた。

金正恩氏国務委員長推戴慶祝大会(2016年7月5日付労働新聞より)
金正恩氏国務委員長推戴慶祝大会(2016年7月5日付労働新聞より)

大会には、各地方の党・政権機関・軍、勤労者団体の関係者が参加。慶祝報告や祝賀演説が行われた。

同通信によると、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)は報告で「天地が十回、百回ひっくり返っても、ただ一人、金正恩最高司令官だけを固く信じて従い、千重、万重の天然要塞、鋼鉄の盾となって党中央委員会と錦繍山太陽宮殿を生命を賭して防衛する」と語ったという。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

各道軍民慶祝大会が続く

【平壌7月4日発朝鮮中央通信】金正恩元帥の共和国国務委員会委員長推戴を祝う平安北道、黄海南道、慈江道、江原道、咸鏡南道の各軍民慶祝大会が、4日に各々行われた。

地方の党・政権機関、勤労者団体、工場・企業所、農場、大学などの幹部と朝鮮人民軍、朝鮮人民内務軍の将兵、各階層の人々、青年学生が大会に参加した。

各大会では、慶祝報告に続いて祝賀演説があった。

報告者と演説者は、最高人民会議第13期第4回会議で共和国国務委員会委員長に推戴された金正恩元帥にすべての人民軍将兵と人民の烈火のような敬慕の念を込めて最大の栄光と最も熱烈な祝賀を送った。

また、元帥の指導によって、チュチェ朝鮮の尊厳と威容が全世界にとどろかされたことについて述べた。

そして、人民軍は天地が十回、百回ひっくり返っても、ただ一人、金正恩最高司令官だけを固く信じて従い、千重、万重の天然要塞、鋼鉄の盾となって党中央委員会と錦繍山太陽宮殿を生命を賭して防衛すると語った。

さらに、すべての部門、すべての単位で潜在力と可能性をことごとく引き出し、社会主義的増産競争を力強く繰り広げて、前例のない生産的高揚を起こしていくことについて述べた。

続けて、青年は社会主義強国建設の作業場ごとで英雄青年の神話を絶えず創造し、最後の決戦の時刻が到来すれば祖国防衛戦に勇躍決起すると強調した。

報告者と演説者は、金正恩元帥を共和国の最高の首位に推戴した大きな誇りと自負を抱いて、朝鮮労働党の社会主義強国建設構想を立派に実現するためにいっそう力強く闘っていくことについて指摘した。

    関連記事