最近北朝鮮が、中国を通じて内部情報が流出することを阻むための取り締まりを強化していることが分かった。

成統万事(成功的な統一を作る人たち・代表キム・ヨンイル)が10日、「9月から咸鏡北道穏城郡の保衛部が、郡内の中国人と華僑、中国人の縁故者に対する再調査事業を行っている」と現地消息筋の証言を伝えた。

この消息筋は再調査の理由について、「穏城郡に住んでいるある女性が、4年間中国にいたが6ヶ月間労働鍛錬隊の刑を受けて釈放された後、担当している保衛員にわいろを渡して、中国の男性を自分の親戚だと偽って登録し、親戚訪問として招待した」と述べ、「その男性が中国に帰る時に、所持品の中から国家機密文件にあたるパンフレットが発見されて事件になった」と話した。

消息筋はこれについて、「国家安全保衛部は(親戚訪問という理由で)中国を行き来して商売をしている人と、偽の親戚を探し出すことが(検閲の)目的」と説明した。

さらに、「中国から親戚訪問や商売のためにやって来る中国人の中に、韓国やアメリカなどの任務を受けて情報を収集する人が交じっていると判断している」と説明した。

北朝鮮は食糧難の時期に、中国に8親等までの親戚がいる人には、中国で発給された招請状があれば旅券を渡していた。住民の中には中国の人に偽の親戚になってもらって、その人を通じて中国に行き来する人がいて、また中国人も北朝鮮に来て商売をしていた。だが最近、北朝鮮政府の統制のため、親戚訪問自体が難しくなったようだ。

平壌でも華僑(北朝鮮内部に住んでいる中国人)が、北朝鮮の内部情報を外部に流出したスパイ容疑を受けて国家保衛部の調査を受けていることが分かった。

消息筋は「今まで穏城郡の保衛部は、お金やわいろをもらって40人以上偽の中国人の親戚を登録してやっていたが、その波紋が全国に広まっている」と述べた。

一方、咸鏡北道で鍼灸術の治療を行っていた70歳の有名な医師が、保安署に連行されてひと月後に死亡した事件が起きたと、同団体が咸鏡北道の消息筋の言葉を引用して主張した。

消息筋は「咸鏡北道オラン郡で、普段から鍼灸術で病気を直しながら観相も見ていた有名な医師が、金正日の写真を見て病状が好転する見こみがない悪性の病気と話したため、(保安署に)連行された」と伝えた。

消息筋は、この医師は保安署で調査を受けていたが、ひと月後に死亡したと話した。さらに、医師の息子が遺体を引き取るために保安署に行ったが、「滅びる奴の世の中」と罵倒したため、保安員たちに集団で殴打されたという。

【関連記事】
首領様の伝説は海を越えアフリカ大陸まで飛んで行った? 荒唐無稽な「白頭山伝説集」

    関連記事