北朝鮮の金正恩党委員長は6月30日、中国共産党の結成95周年(7月23日)に際し、同党の習近平総書記(国家主席)に祝電を送った。朝鮮中央通信が伝えた。

祝電では、「われわれは、中国の同志たちと共に長い歴史的根源を有している朝中友好を新世紀の要求に即して発展させることによって、両国の社会主義建設を促し、北東アジア地域の平和と安全を守る用意がある」などと述べている。

正恩氏は、昨年7月には習氏に祝電を送っていない。関係の冷却化した中国のトップに敢えてメッセージを送ることで、5月の朝鮮労働党大会と6月29日の最高人民会議で自らの統治体制を整備したことを誇示する狙いがあると見られる。

朝鮮中央通信が伝えた祝電全文は次のとおり。

金正恩委員長が中国共産党中央委総書記に祝電

【平壌7月1日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党の金正恩委員長は6月30日、中国共産党中央委員会の習近平総書記に祝電を送った。

祝電の全文は、次のとおり。

わたしは、中国共産党創立95周年に際して、貴方と貴方を通じて中国共産党中央委員会と貴党のすべての党員と中国人民に熱烈な祝賀を送る。

中国共産党は長きにわたる期間、帝国主義者と国内反動勢力に反対する中国人民の闘いを勝利へ導いて社会主義の新しい中国を打ちたてた。

こんにち中国共産党は、党を強化し、社会的安定を維持し、経済の持続的な発展を成し遂げ、初歩的に豊かな社会を全面的に建設するための闘いを力強く展開している。

中国共産党の指導の下で中国人民が中国特色の社会主義を建設し、中華民族の復興を実現するための闘いにおいてより大きな成果を収めることを願う。

われわれは、中国の同志たちと共に長い歴史的根源を有している朝中友好を新世紀の要求に即して発展させることによって、両国の社会主義建設を促し、北東アジア地域の平和と安全を守る用意がある。

貴方が健康で、責任ある活動において成果を収めることと、中国共産党の指導の下で中華人民共和国が繁栄し、中国人民が幸せであることを願う。---

    関連記事