人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

中国の習近平国家主席は29日、訪中した韓国の黄教安(ファン・ギョアン)首相と北京の人民大会堂で会談。「北朝鮮の核保有に断固反対する」と述べ、北朝鮮の核開発と経済開発の「並進路線」を認めない立場を表明した。韓国国務総理室の情報として聯合ニュースが報じた。

習氏は「中国は安保理決議を厳格に履行している」しながら、「北朝鮮の非核化を実現するべきとの立場を揺るぎなく堅持している」と強調したという。

一方、会談では中国が反発している米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備についても言及されたが、韓国側はやり取りの詳細を明かしていない。

    関連記事