北朝鮮で、大々的な禁煙キャンペーンが展開されている。しかし内部情報筋によると、国民の反応は芳しくないという。

正恩氏に「消防法違反」の疑い

北朝鮮では、これまでも禁煙がメディアで訴えられたことはあった。しかし、まともに行われたことは一度もなかった。政治講演会で多少触れられても、しばらくすれば反故になる。喫煙習慣は中学生の間でも広がるなど、増えることはあっても、減ることはなかった。

こうしたタバコ文化にもかかわらず、金正恩党委員長は最近「平壌市民は文明的な生活様式に合わせて生きるべき」「タバコの煙で平壌市の環境を汚染させる現象をなくせ」という指示を下したと、平壌のデイリーNK内部情報筋が伝えてきた。

正恩氏の指示に伴い、数日前から、大々的な禁煙キャンペーンと取り締まりが始まった。地下鉄駅、バス停、デパート、遊園地、動物園、さらには歩道にまで配置された保安員(警察官)が、喫煙者から罰金を取り立てるようになった。市内中心部では巡回中のパトカーが、喫煙者に向かって「動画を録画してテレビで公開するぞ」と怒鳴り散らすなど、半ば脅迫に近い禁煙活動を行っている。

こうした禁煙キャンペーンの一環と思われるが、全国の主要都市に「禁煙商店」なるものが登場。効果があるのか、ないのかわからないような「禁煙グッズ」を販売している。

普通のトイレはムリ

しかし是非はともかく、北朝鮮でタバコは、お酒と同様、人間関係を円満に進める潤滑油でもある。人と会う時、挨拶代わりにタバコを手渡し、紫煙をくゆらせながら話をするほど喫煙が社会に根深く定着している。禁煙表示があっても有名無実で、デパートや書店の中でもタバコを吸う人がいるほど、北朝鮮の喫煙文化は、世界的な禁煙ブームの流れからは大きく外れている。

そもそも最高指導者である金正恩党委員長が、ヘビースモーカーだ。正恩氏は妊娠した李雪主(リ・ソルチュ)夫人の面前でも、危険物を取り扱っている工場の中でも、平壌地下鉄の新型車両の中でもタバコを離さず、「消防法違反」すら疑われる。

正恩氏は、一時的に禁煙したという報道もあったが、それも断念したようだ。そして、北朝鮮の庶民たちは、正恩氏が愛煙家であることをよく知っており、「元帥様(金正恩氏)がまず禁煙すべき」という声も上がっている。

しかし、スイスに留学経験を持つ正恩氏が、世界的な禁煙の流れを知らないはずはないだろう。それでも、タバコを吸い続ける理由の一つに、やはり独特のストレスを抱えているからだと筆者は見る。

正恩氏のもう一つの顔

一見、独裁者でやりたい放題と見られがちな正恩氏。しかし最高指導者ゆえに、生活上、不便さを強いられることも多い。その端的な例が「トイレ」。頻繁に現地指導する正恩氏だが、一般のトイレを使用できないために、専用車のベンツに「代用品」を載せて移動しているという。

トイレに限らず、北朝鮮という複雑な国家体制を率いる金正恩氏のストレスは並大抵ではないだろう。一説には、「深夜の走り屋」としてうっぷんを晴らしているとも言われる。

それだけに、喫煙ぐらいで大騒ぎするなという声もあるかもしれない。しかし、彼が抱えるているだろうストレスのほとんどは自らが招いたものだ。なによりも、禁煙キャンペーンを展開したいのなら、まずは自分がタバコを断って、お手本を示すべきではなかろうか。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事