北朝鮮の羅先(ラソン)経済特区で作られた製品は、ほとんどが中国に輸出される。ところが、その多くが北朝鮮に「逆流」しているという。そのからくりを米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

羅先工業団地の事情に精通している中国の情報筋は次のように語った。

「団地内の中国企業の工場で製造された衣類、靴は中国に輸出され、中朝国境地帯の市場でも売られている。なぜか、それを買うのは北朝鮮の商人だ」

まず、北朝鮮商人は羅先で製造された商品とは知らず、「中国で売っているから中国製だろう」と思い込む。品質は中国製と同じだが値段は安いとう理由で大量に買い付けた商品を、今度は北朝鮮に輸入し、国内で売りさばくというのだ。

工場から販売まで、こうした面倒な過程を経るのも理由がある。