北朝鮮の羅先(ラソン)経済特区で作られた製品は、ほとんどが中国に輸出される。ところが、その多くが北朝鮮に「逆流」しているという。そのからくりを米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

羅先工業団地の事情に精通している中国の情報筋は次のように語った。

「団地内の中国企業の工場で製造された衣類、靴は中国に輸出され、中朝国境地帯の市場でも売られている。なぜか、それを買うのは北朝鮮の商人だ」

まず、北朝鮮商人は羅先で製造された商品とは知らず、「中国で売っているから中国製だろう」と思い込む。品質は中国製と同じだが値段は安いとう理由で大量に買い付けた商品を、今度は北朝鮮に輸入し、国内で売りさばくというのだ。

工場から販売まで、こうした面倒な過程を経るのも理由がある。

まず、羅先では、担当の役人にワイロを渡した上で、工場と掛け合えば、いくらでも商品を売ってくれる。しかし、中国企業は簡単に商品を売らない。北朝鮮の商人は「ツケ」での販売を要求し、何度も踏み倒しているからだ。

中国企業は、現金以外では取引せず、製品の大半を中国に持ち帰って販売することから、いくら北朝鮮国内の工場とはいえ、製品を入手できない。また、直接、仕入れる商人もいなくはないが、その量は非常に少ない。さらに、羅先は、誰でも入れる地域ではないため、相当な額のワイロが必要になる。

こうした事情から、直接買い付けるよりは、中国で買い付けて逆輸入する方がコストがかからないというのだ。

中朝を往復する輸送費が価格に跳ね返り、北朝鮮の消費者の手元に届くときには大幅に高くなっているが、羅先で直接買い付けても、ワイロなどのコストが上乗せされ、結果的に売値は変わらないという。

    関連記事