北朝鮮の朝鮮中央通信は27日、黄海付近で韓国が不法操業の中国漁船の取り締まりを行っていることに対して「米韓が軍事挑発を行っている」と非難する記事を配信した。

同通信は、「米帝のそそのかしの下で南朝鮮のかいらい軍部好戦狂が、漢江河口と西海ホットスポット水域で働いている軍事的挑発行為」としながら、「米帝は、過去60余年間、朝鮮半島での軍事的緊張を高調させることで停戦協定のすべての条項を全面破壊したのである」主張した。

そのうえで、「米帝と南朝鮮のかいらいは、漢江河口と西海ホットスポット水域で繰り広げている無謀な軍事的挑発策動が第2の延坪島砲撃戦のような挽回できない報復対応を招くということをはっきり知り、直ちに中止すべきである」と威嚇した。

ワタリガニ漁の最盛期を迎えた黄海漢江河口では、韓国軍と海洋警察、在韓国連軍が不法操業の中国漁船の取り締まりを行い、退去させている。

この海域は、朝鮮戦争休戦協定(1953年)で、南北双方の船が制限付きで出入りできると定めた「漢江河口中立水域」だ。双方は、衝突を避けるため救助船などを除いて進入を避けてきた。

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り。

いかなる詭(き)弁によっても犯している軍事的挑発の重大さを覆い隠すことはできない

【平壌6月27日発朝鮮中央通信】米帝のそそのかしの下で南朝鮮のかいらい軍部好戦狂が、漢江河口と西海ホットスポット水域で働いている軍事的挑発行為は、内外の強力な抗議と糾弾を呼び起こしている。

これにあわてた米帝と南朝鮮のかいらい軍部好戦狂は、自分らが働いている同水域での軍事的挑発行為を正当化し、緊張の局面をもたらしている責任から逃れようと愚かに振る舞っている。

かいらい国防部は、自分らの無謀な軍事的しゅん動を暴露する記事が出るやいなや、「北の軍事的挑発主張は強弁」だと言い張ったあげく、しまいにはいわゆる「退去」作戦が中国漁船の不法漁労活動を取り締まるために「停戦協定による適法な手順を経た正当な活動」という言葉にもならない詭(き)弁まで並べ立てている。

破廉恥と鉄面皮の極みと言って的中であろう。

南朝鮮のかいらいの言う停戦協定と言えば、すでに何の効力もない反故(ほご)として見捨てられて久しい。

米帝は、過去60余年間、朝鮮半島での軍事的緊張を高調させることで停戦協定のすべての条項を全面破壊したのである。

われわれに対する核先制打撃計画まで公開し、各種の核戦争殺人装備を朝鮮半島に投入して情勢を極点に追い込んでいる米帝の策動は、停戦協定のすべての条項に対する最も乱暴で無知極まりない破棄、蹂躙(じゅうりん)行為である。

特に、南朝鮮のかいらいは停戦協定締結の当事者でもないので、いわゆる停戦協定について口に乗せること自体が恥ずかしいことである。

それはそうだとして、偽りと偽善のベテランも詭(き)弁を並べ立てる時は初歩的な事実について知らなければならない。

停戦協定「漢江河口での民用船舶航行に対する規則および関係事項」7項には、「特定の許可がなくてはすべての軍用艦船と軍事人員および武器、弾薬を積んだ民用船舶と中立国の船舶はすべて漢江河口に入ってはいけない」と明記されている。

軍事停戦委員会が歴史の裏道に凋落して久しいということはさておいて、「許可」の意味を正しくかみしめるべきである。

米国上司がかいらいを軍事的挑発へあおり立てるために、いわゆる「退去」作戦というものをわが方に一方的に通報しても、わが軍隊の公式的な承認がある前には軍艦一隻、軍事人員一人でも漢江河口に入ってはいけなくなっている。 挑発と対決に狂い、無知と蒙昧(もうまい)で固くなった余り、無鉄砲に片意地を張ってもこのような事実だけは知っていなければならない。

なんとしても北南間に武力衝突の根源を作ってみようとする悪らつな企図の下、漢江河口と西海ホットスポット水域で繰り広げている米帝と南朝鮮かいらいの軍事的挑発策動は故意の敵対行為として絶対に許されない。

米帝と南朝鮮のかいらいは、漢江河口と西海ホットスポット水域で繰り広げている無謀な軍事的挑発策動が第2の延坪島砲撃戦のような挽回できない報復対応を招くということをはっきり知り、直ちに中止すべきである。

    関連記事