北朝鮮の内閣機関誌「民主朝鮮」は22日、集団的自衛権の行使を認めた「安全保障関連法」を通過させた安倍政権を非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が同日、配信した。

同紙に掲載された個人名の論評「日本反動層の海外侵略策動は当然な審判を受ける」は、安全保障関連法に対して集団訴訟が起こされていることを取り上げ、「これは軍国化と海外侵略野望の実現に血眼になって狂奔する現執権勢力に対する民心の積もりに積もった憤怒の爆発である」と指摘した。

さらに、「日本の反動層が海外侵略を通じて20世紀にかなえられなかった『大東亜共栄圏』の昔の夢を実現してみようとあがいているが、それは愚かな妄想だ」としながら、「軍国主義再侵略策動は、日本を二度と再生できない最終的破滅の道へと導くだけである」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「民主朝鮮」紙日本反動層の海外侵略策動は当然な審判を受ける

【平壌6月22日発朝鮮中央通信】先日、日本の大阪府と長崎の住民らが「安全保障関連法」を通過させた安倍政権を裁判に起訴した。

100人余りの被爆者を含む数百人の各階層の住民らは、「安全保障関連法」が平和に暮らそうとする自分らの念願を無残に踏みにじり、国にまたもや戦争と核惨禍を被らせかねないと糾弾し、この法を直ちに廃止することを強く求めた。 22日付の「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、これは軍国化と海外侵略野望の実現に血眼になって狂奔する現執権勢力に対する民心の積もりに積もった憤怒の爆発であるとした。

論評は、日本の反動層が海外侵略を通じて20世紀にかなえられなかった「大東亜共栄圏」の昔の夢を実現してみようとあがいているが、それは愚かな妄想だとし、次のように指摘した。

他民族を侵略する代価として世界を制覇してみようとする者は例外なく、破滅の苦い運命を免れられなかった。

日本だとして、ほかにはなりえない。

軍国主義再侵略策動は、日本を二度と再生できない最終的破滅の道へと導くだけである。

これをよく知っているため、広範な日本の社会と市民団体が政府当局の反民族的犯罪行為を審判し出ているのである。

民心に背を向け、平和を志向する人類に挑戦する日本反動層の海外侵略策動は、歴史の当然な裁きを受けるであろう。

日本の反動層は、他の国と民族に対する海外侵略によって得られるのは滅亡だけだということを銘記してむやみに軽挙妄動してはいけず、無謀な戦争策動を直ちに中止すべきである。

    関連記事