北朝鮮の姜錫柱(カン・ソクジュ)前党書記が20日、病死した。かつての金正日総書記の最側近の1人であり、北朝鮮外交の立役者でもあった。その実像を、1990年代に脱北した元北朝鮮官僚が語る。

金正日の側近の中でも、姜錫柱(カン・ソクジュ)は実力一本でのし上がった男だったと言える。

姜錫柱は1939年、平安南道の平原で4人兄弟の次男として生まれた。平壌外国語大学を卒業後、さらに平壌国際関係大学で学び、北京外国語大学の英語科に留学。1960年代、まず党国際事業部でキャリアをスタートさせ、1981年4月に外務省に移籍した。

その後たった6年で第1外務次官に上り詰めた。北朝鮮の外交エリートの中でも、異例の出世スピードである。1994年10月、核開発凍結の見返りとして軽水炉提供と関係改善を米国に約束させた「朝米枠組み合意」をはじめ、彼の実績と実力を疑う者は北朝鮮にはいなかった。

戦時下の虐殺体験

だが、姜錫柱について外交官たちの間で語り草になっているのは、そうした現在の活躍ぶりよりも、彼の少年時代のエピソードである。