北朝鮮では2009年の作況が悪く、来年も食糧難に陥るという予想が出ている。北朝鮮の内部消息筋は、去年も今年も国際社会からの食糧支援がないため、稲作や畑作、更にはジャガイモも不作で、来年食糧難にみまわれるのではないかと心配だと明らかにした。

さらに、北朝鮮の人民の多くが、来年の食糧を心配していると消息筋は付け加えた。だが、北朝鮮の指導者金正日は自身の豪華な生活のために数千万ドルを消費していて、人民が直面するかも知れない食糧難を心配しているのかどうかも疑わしい。

金正日は7月に豪華ヨットを2隻イタリアから輸入しようとしたが、税関で摘発されて押収された。このヨットは現価1300万ユーロ、円では17億円以上する高級品だった。また金正日は8月にも、イタリアから高級洋酒やコニャックなどを数百瓶輸入しようとしたが、それもまた税関で摘発されて押収された。

金正日は人民が飢えようが、とうもろこしやジャガイモを食べようがおかまいなしに、自分の食卓だけ豪華に調えている。麻薬や武器の密売などで手に入れた外貨で、このように豪華な暮らしをしているのだ。

金正日はグルメとしても知られている。2007年の2回目の南北首脳会談に盧武鉉前大統領と一緒に参加したクォン・オギュ前経済副総理が、「金委員長が『卵から出てからちょうど14日経った鳩が一番おいしい』と言っていた」と明らかにして、金正日のグルメぶりが再び注目された。

晩餐の時に金正日は「鳩のフライは、肉はもちろん骨と足まで一度に揚げたら、雀のフライのようにとても小さくなる」と言い、「14日から1日でも経てば(鳩の)味が落ちる。はやく食べなければ」と言ったという。

この晩餐では全部で9本のワインが出たが、金正日はこれについて、「昔はボルドー産のワインをたくさん飲んだが、いつからかブルゴーニュ産が口に合うようになって変えた」とも話したそうだ。

クォン副総理はそれ以外にも、「金委員長は食事の途中に『夢憲先生(故鄭夢憲現代アサン会長)と何度もお酒を飲んだが、ある時夢憲先生が南側で市販されている200以上のブランドのどぶろくを全部持っていらっしゃって、1種類ずつ飲んでみた。一番合ったのを選んだが、ポチョンどぶろくだった』と回考した」と明らかにした。

人民が飢え死にしようがどうしようが、世界中の最高級の料理だけを楽しんでいるグルメといううわさが立った金正日は、外国からの賓客に会った時も料理に関する語録をたくさん残した。そのため今回、その語録をいくつか集めてみた。こうした言葉から、北朝鮮の人民が数百万人餓死した90年代の「苦難の行軍」の時も、金正日の食卓には贅沢な料理が並んでいたことが分かる。何よりも、そのような人物が「人民の指導者」と宣伝されている北朝鮮政府の偽善を知ることができるだろう。

語録から伺える、フランスのワインと日本の高級料理に凝った金正日が、「北朝鮮にジャガイモを主食として定着させなければならない」と話している姿が、彼の偽善の極みといえよう。

◆ 2000年の第1回南北首脳会談の時に訪朝した言論会社の代表団との晩餐で

「この鍋は大同江で獲ったぼらの鍋です。首領様が一番お好きな淡水魚の料理です。漢江ではぼらが獲れますか? (ステーキが出ると)この肉が天牛の肉です。ろ馬と呼んでいましたが、主席様が気持ちが悪いとおっしゃって、天牛と名づけました」

「私たちの軍隊は戦争の時に洛東江まで行きましたが、それぞれの家の瓶 にどぶろくがあって、2、3杯ずつ飲んでひょろひょろになってしまって、戦争で大変なことになりました。鄭周永氏がどぶろくを30種類も送ってくださり、少しずつ少しずつ試飲しましたが、その中にとてもおいしいものがあって『これが一番おいしかったですよ』とお伝えしたら、鄭会長がポチョンのどぶろくですと答えたので、どうして分ったのかとても驚きました」

「医者にお酒をたくさん飲んではいけないと言われたので飲まないようになって、葡萄酒を飲んでいます。ところで、イタリアは私たちが葡萄酒の元祖と言って、ギリシャもスペインも私たちが葡萄酒の元祖と言っていますが、やはり葡萄酒はフランス産が最高です」

◆ ロシアのコンスタンティン・ポリコフスキー極東連邦地区大統領の全権代表に
「(金正日のロシア列車訪問に随行して伊勢えび料理を食べていた時)これがまさにその伊勢えびです。実際の姿がどういうものか、一度見てください。毎日新しい料理を食べましょう」

「(塩に漬けて醗酵させた豚の脂身「サロ」を食べた後)これは本当のサロではありませんね。(酢に漬けたブルガリアのきゅうりを見て)本当は木の筒の中に入れて塩にしっかりと漬けて、きゅうりが塩気で少し黒い色にならなければなりません」

「ロシアにはジャガイモを主食として活用する良い伝統が残っている。私も朝鮮にジャガイモを主食として定着させたいが、まだうまく実行できていない。我が国の北の地方にある両江道に駐屯している軍部隊に食糧を調逹するのにジャガイモを活用すれば、ずっとやりやすくなって経済的だろう。だが軍人たちは、ジャガイモの収穫高が高いにもかかわらず米を要求してくる」

◆ 北朝鮮を訪問した朝鮮総連の幹部に

「日本の同胞や日本人からはキリンが好きだと聞きましたが、私はサッポロがおいしいと思います」

    関連記事