平壌在住の日本人妻が、北朝鮮の国営ラジオ平壌放送に出演したとラヂオプレスが報道した。

出演したのは平壌在住の堀越恵美(朝鮮名宋恵蘭)さん。堀越さんは東京生まれの82歳、高校卒業後に看護師として働き、在日朝鮮人のソン・ジュンシクさんと結婚、1960年6月に夫とともに北朝鮮に渡った。

北朝鮮では、保険幹部学校を卒業後、朝鮮人民軍の人民病院で助産院として働き、2000年には在朝日本人女性故郷訪問団の第3陣に参加し、日本に一時帰国している。

堀越さんはラジオで「将軍様(故金正日氏)は、祖国(北朝鮮)に恩返ししようとする日本人妻を真心から大切にしてくださった」「祖国のために少しでも役に立つことをしたい」などと語った。

堀越さんは今までも北朝鮮のプロパガンダメディアに登場し、体制を賛美する発言を行っている。そのせいか、金正日氏は生前、堀越さんに2度も実筆の書簡を贈り、労をねぎらっている。

    関連記事