北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は16日の談話で、米国海軍の原子力潜水艦「ミシシッピ」号が韓国の釜山(プサン)基地に入港したことに対して「(北朝鮮の)安全と地域の平和に対する直接的な脅威となる」と強調した。同日、朝鮮中央通信が配信した。

13日に韓国海軍作戦司令部釜山基地に入港したミシシッピ号(7800t級・SSN-782)には、トマホークミサイル12発と魚雷24発が装着されている。米韓連合司令部は、寄港は予定されていたものとしているが、北朝鮮をけん制する狙いがあると見られる。

談話では、「今、米原子力空母2隻が朝鮮半島周辺のアジア太平洋水域を恒常的に航行しており、米国内で共和国の核施設と核戦力に対する『精密空襲作戦』が公然と準備されている」としながら「不安定な朝鮮半島情勢はいっそう統制不可能な状態に陥っている」と指摘。