米国務省高官がアンゴラなどアフリカ諸国に対して、北朝鮮との関係を断つことを促したと米政府系のボイス・オブ・アメリカ(VOA)が報じた。

南アフリカとアンゴラを訪問中のトーマス・カントリーマン米国務次官補(国際安全保障・不拡散担当)は、VOAの取材に「アフリカ諸国は、北朝鮮の核の脅威を避けたければ、ウガンダのように北朝鮮の金づるを断ち切るべきだ」と述べた。

冷戦時代に援助

また、「北朝鮮の脅威は決して遠くにあるわけではない」「世界は深刻な衝突のおそれが最も高い状況に直面しており、70年ぶりに核兵器が使われる可能性が高い」としながら、「この状況をすべての国が深刻に受け止めるべきだ」と述べた。

北朝鮮は、冷戦時代に独立間もないアフリカ諸国に様々な援助を提供し、関係を築いた。中でもナイジェリア、ウガンダ、ギニア、リビア、アンゴラなどとは要人往来を繰り返し、友好ぶりをアピール。

また、セネガルやナミビアは、北朝鮮の国営企業に公共施設の工事を発注するなど、経済的な関係も深めてきた。

    関連記事