北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は15日、米国で北朝鮮への「精密空襲作戦」が公然と論じられているとして警戒感を示した。朝鮮中央通信の質問に答えた。

ここで言及された「精密空襲作戦」は、CIAや米国防総省などを顧客とするシンクタンク、ストラトフォーが5月末に配信した報告書のこと。同社の配信記事は、イラク戦争の勃発とその経過を詳細に予測するなどしたことで知られる。

朝鮮中央通信によれば、報告書はB-2爆撃機やF-22ステルス戦闘機などにより「寧辺核施設と原子力発電所の建設場、ウラン鉱山と濃縮施設などを空襲の目標に選定し、わが戦略軍の弾道ミサイルと空軍爆撃機、潜水艦建造施設などを同時に精密空襲して一挙に破壊することを予見」しているという。

報道官は、米国が挑発を行えば「無慈悲な対応方式で徹底的に粉砕する」としながら、こうした状況が、「朝鮮労働党が打ち出した経済建設と核戦力建設並進路線の正当性と必然性を再度実証している」と主張した。

同通信の報道全文は次のとおり。