北朝鮮が韓国の大企業3グループに対し、大規模なハッキングを行っていたことがわかった。北朝鮮はこれにより、米国製F-15戦闘機と韓国軍が開発中の中高度無人偵察機(MUAV)のデータなどを盗み取っていた。

また、北朝鮮側は今回、企業のコンピュータ・ネットワークをマルウェアに感染させるサイバー攻撃を行い、13万台ものPCを制御下に置いていた。

韓国警察庁サイバー安全局が13日に発表したところによると、SKと韓進グループ、KTの3グループのコンピュータ・ネットワークが2014年7月からハッキングされていた。