アフリカのタンザニアで、北朝鮮系病院が「インチキ治療」を行った容疑で、相次いで閉鎖命令を出されている。

米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、同国には、北朝鮮の医師計100人以上が、外貨稼ぎのために派遣され、12の病院で勤務している。

麻酔なしで切開手術も

彼らは以前から、現地のハーバリスト(伝統医学の医師)らと結託して医療知識の乏しい患者を集め、正体不明の医薬品や機器を使ってインチキ治療を行っていた。さらに、高価な医薬品を売りつける行為を繰り返しており、タンザニア当局から目を付けられていたようだ。