こうした中、今年2月に開業したばかりの病院に対して3カ所目となる閉鎖命令が出された。閉鎖されたのは、タンザニアの最大都市ダル・エス・サラームの郊外ムベジ・ビーチ地区にある病院。壁にはスワヒリ語で「ここは2016年5月20日を持って閉鎖された」と書かれている。

現地事情に精通した情報筋によると、病院は西洋医学と伝統医学の施術を同時に行えないと規定しているタンザニアの法律に違反したことで閉鎖に追い込まれた。病院は、道端に立て看板を立てて、普通の病院では治せない病気も治療すると謳い、大々的に患者を呼び込んでいた。

北朝鮮は、以前から、アフリカでの外貨稼ぎに力を入れている。蜜月関係にある赤道ギニアでは、自国の犯罪者を労働力として輸出。国連制裁による窮乏が強まる中で、節操のなさに拍車がかかっているようだ。

(参考記事:北朝鮮、アフリカに犯罪者を輸出疑惑…劣悪な環境で拷問も

タンザニアのタンガニーカ地域の医事委員会のウェブサイトによると、同国で勤務している外国人医師43人のうち24人が北朝鮮出身と、極めて多い。いずれも平壌医科大学の出身で、住所はすべてダル・エス・サラーム私書箱46064号となっている。しかし、なぜか国籍は韓国(Republic of Korea)だ。