北朝鮮とのビジネスは非常にリスキーだ。国際社会の経済制裁、私有財産権の未確立、利益の国外持ち出し禁止など、投資するにはあまりにもリスク要因が多い。北朝鮮との商取引で問題が生じ、頭を抱えている中国の貿易業者は一人や二人ではない。

中朝国境地方のある貿易業者は、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)に対して、「北朝鮮とのビジネスはギャンブルだ」と言い切る。

この業者によると、契約時に「契約書」を交わすが、形だけで、内容は北朝鮮に有利になっているという。

    関連記事