北朝鮮の労働新聞は25日、社説で「70日間戦闘(70日間キャンペーン)」の成果を大々的にアピールした。

同紙は、「70日間キャンペーンの大勝利をもたらした勢いで総突撃、総邁進して社会主義強国の建設において絶え間ない大飛躍、大革新を起こすという千万の軍民の信念は確固不動である」と主張。

さらに、「自強力第一主義をいっそう高く掲げなければならない」としながら、「われわれが強大になり、豊かに暮らし、興ることを望まない敵対勢力に鉄槌を下さなければならない」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。