北朝鮮の労働新聞は25日、社説で「70日間戦闘(70日間キャンペーン)」の成果を大々的にアピールした。

同紙は、「70日間キャンペーンの大勝利をもたらした勢いで総突撃、総邁進して社会主義強国の建設において絶え間ない大飛躍、大革新を起こすという千万の軍民の信念は確固不動である」と主張。

さらに、「自強力第一主義をいっそう高く掲げなければならない」としながら、「われわれが強大になり、豊かに暮らし、興ることを望まない敵対勢力に鉄槌を下さなければならない」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」70日間キャンペーンで勝利した勢いで今年を社会主義強国建設の最盛期に輝かそう

【平壌5月25日発朝鮮中央通信】25日付の「労働新聞」は社説で、衷情の70日間キャンペーンで勝利した勢いで闘争と前進の拍車をかけることによって、意義深い今年を社会主義強国建設の最盛期に輝かそうとするのは朝鮮人民の揺るぎない意志であると明らかにした。

社説は、70日間キャンペーンの大勝利をもたらした勢いで総突撃、総邁進して社会主義強国の建設において絶え間ない大飛躍、大革新を起こすという千万の軍民の信念は確固不動であるとし、次のように強調した。

70日間キャンペーンの過程に高揚した高い勢いを瞬間も緩めず、年末まで攻撃成果を引き続き拡大して、今年を祖国の歴史に末永く輝く偉大な勝利の年に輝かそうというのがまさに、朝鮮労働党の意図である。

すべての党員と人民軍将兵と人民は、衷情の70日間キャンペーンで勝利をもたらした勢いで意義深い今年、社会主義強国建設の最盛期を力強く開かなければならない。

すべての部門、すべての単位で70日間キャンペーンの攻撃成果をさらに拡大していくための手配を綿密にしなければならない。

すべての部門、すべての単位では70日間キャンペーンの成果と経験に基づいて絶え間ない生産的高揚を起こすためのたたかいを力強く推し進めなければならない。

わが党の戦略的路線である自強力第一主義をいっそう高く掲げなければならない。

誰もが自強力だけが生きる道、勝利の道であるという確固たる観点を持って自強力で万事を解決していくことにより、われわれが強大になり、豊かに暮らし、興ることを望まない敵対勢力に鉄槌を下さなければならない。

社説は、こぞって70日間キャンペーンで勝利した勢いで社会主義強国建設の最盛期を開くための総攻撃戦を力強く推し進めようとアピールした。

    関連記事