赤道ギニア共和国を公式訪問している北朝鮮の金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長は21日、同国のテオドロ・オビアン・ンゲマ大統領と会談した。

アフリカ第3の産油国・赤道ギニアと北朝鮮は良好な関係を築いている。昨年は、北朝鮮が、同国から30億ドル規模のIT事業を受注したというニュースも報じられた。また、北朝鮮が、自国の犯罪者を労働力として赤道ギニアに輸出しているとの疑惑もある。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金永南委員長が赤道ギニア大統領と会談

【平壌5月23日発 朝鮮中央通信】赤道ギニア共和国を公式訪問している朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議常任委員会委員長金永南(キム・ヨンナム)同志は21日、大統領宮殿で赤道ギニア共和国のテオドロ・オビアン・ンゲマ大統領と会談した。