北朝鮮の対米外交の「司令塔」と言われてきた姜錫柱(カン・ソクジュ)朝鮮労働党前書記が20日、急性呼吸不全と食道がんのため死去した。

白色テロによって両親は惨殺

姜氏の体調不良については、以前からささやかれていた。昨年7月に会談した欧州議会のウォルフガング・ノバク議員が、「非常にやつれて20キロも体重が減った姿を見て衝撃を受けた」と語っていた。その後もロシアやキューバを訪れていたが、海外でガン治療するためと見られていた。

ここ数年は、対外活動はできない状態だった姜氏だが、1990年代の第1次核危機に際しては対米交渉を直接担当。核開発を凍結する見返りに、軍事転用の可能性がより低い軽水炉の提供を受ける「米朝枠組み合意」に署名した。

当時、朝鮮半島情勢は現在にも増して緊張していた。ホワイトハウスは、本気で対北空爆を検討していたとされる。日本では、核開発の資金源を遮断するため、警察庁が極秘の捜査マニュアルを作成。朝鮮総連に対する強制捜査に着手していた。

(参考記事:警察庁「総連捜査マニュアル」と「対北600億円送金」の真相

そんな中、対米交渉をまとめ上げた姜氏に対しては、理知的なハト派との印象を抱いた人も多かっただろう。

ところが、そんな姜氏には驚くべき横顔があった。次なるは、北朝鮮外交に精通したある脱北者から聞いた話だ。