朝鮮労働党の姜錫柱(カン・ソクジュ)前書記(国際担当)が死去したことに対して、朝鮮労働党中央委員会と朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議常任委員会は20日、布告を出した。

朝鮮中央通信が21日に配信した布告全文(編集部訳)は次のとおり。

姜錫柱同志の死去に関する布告

朝鮮労働党中央委員会の委員で、朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議代議員である姜錫柱同志は、急性呼吸不全、食道がんでチュチェ(主体)105(2016)年5月20日16時10分に76歳で、残念ながら死去した。

姜錫柱同志は、偉大な首領金日成同志と金正日総書記の忠実な革命戦士、敬愛する金正恩同志の信頼できる革命同志であり、チュチェの革命偉業の最終的勝利のために献身的に闘争してきたわが党と人民の偉大な息子である。

日帝植民地統治時代に労働者の家庭で生まれ、植民地の亡国の民の悲惨な運命を強いられていた姜錫柱同志は解放後、偉大な首領金日成同志の懐で、新たな命を得て、偉大な首領と偉大な将軍の格別の信頼と愛の中で、真の革命家、能力のある政治活動家に成長した。

姜錫柱同志は、金日成総合大学を卒業後、党中央委員会国際部指導員、課長、外務次官、第1副部長として事業しながら、尊厳高きわが党と共和国の対外的権威を保障し、チュチェの革命偉業の勝利的前進のための国際的な環境を用意することに積極的に寄与した。

姜錫柱同志は、1990年代初めから反米核対決戦を勝利に導かれる偉大な将軍の天才的な外交知略と優れた指導を実現する前哨戦で活躍した。

姜錫柱同志は、チュチェの革命偉業継承の重大な歴史的時期に、党中央委員会政治局委員、内閣副総理、党中央委員会書​​記として事業しながら、敬愛する金正恩同志の唯一的指導を忠実に奉じ、わが党を金日成 – 金正日主義党に強化発展させ、党と国家の対外政策を貫徹するための闘争にあらゆる知恵と情熱をすべて捧げた。

姜錫柱同志は偉大なチュチェ思想、先軍思想で武装し、命の最期の瞬間まで、党の偉業に限りなく忠実であった。

姜錫柱同志は党と革命の無限の忠実性、祖国と人民のために献身的服務精神、確固たる革命的原則性と。控えめな品性で、わが党員と人民の愛と尊敬を受けた。

首領の高潔な忠誠と高い実力を持ち、長年にわたってわが党の偉業を忠実に奉じてきた姜錫柱同志を失ったことは、わが党と人民にとって大きな損失となる。

姜錫柱同志は死去したが、党と革命のために、社会主義強国建設の偉業と党と国家の対外政策の実現のために捧げた彼の献身的な努力と功績は長く残るだろう。

朝鮮労働党中央委員会 朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議常任委員会 主体105(2016)年5月20日(終)

    関連記事