ロシア中央銀行は19日(現地時間)、自国の金融機関に対して、北朝鮮との金融取引を全面的に禁止すべきとの内容が含まれた通達文「国連安全保障理事会決議2270履行措置」を出した。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

ロシアの金融機関はこの通達文を受け、対北朝鮮制裁決議2270に基づき、北朝鮮との金融取引を停止し、北朝鮮の核・ミサイル開発に関連する銀行口座を閉鎖しなければならない。

通達文では、制裁対象に指定されている個人、機関、団体がロシアの銀行に保有している債権はすでに凍結済みであることなどが述べられている。

大統領令の動きも

ただし、国連が承認した場合に限り、北朝鮮との金融取引は認められるとも明記されている。