北朝鮮の労働新聞は16日、韓国の朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領が55年前(1961年)の同日に、起こした「5・16軍事クーデター」を非難する論評を掲載した。

論評では、「(韓国の)民主化の機運をファッショの軍靴で容赦なく抹殺して『政権』を強奪した」と指摘。確かに、朴正煕氏はクーデター後、軍事独裁体制を敷き、国民の民主化要求を抑圧した。その過程で、民主化陣営に対しては数々の人権弾圧が行われた。

北朝鮮、体制間競争に敗北

北朝鮮は論評で「朴正煕の血なまぐさい軍事独裁統治は南朝鮮をファッショの乱舞場、人権と民主の廃虚に転落させた」と主張しているが、あながち的外れではない。

今では想像もできないが、当時の韓国は軍事独裁国家という負のイメージが定着していた。逆に北朝鮮は「貧しいながらも、自主・独立の道を歩む国家」として評価されており、今の南北のイメージとは真逆だったのだ。それは、北朝鮮を賞賛した産経新聞の当時の記事からも伝わってくる。

(参考記事:金正恩と大阪を結ぶ奇しき血脈(1)すべては帰国運動からはじまった

朴正煕氏は、1965年の日韓基本条約で得た8億ドルの経済協力金のほとんどをインフラ整備や企業への投資に活用し、「漢江の奇跡」と呼ばれる高度経済成長を遂げた。

    関連記事