「権力があるからと、手当たりしだい女に手を出しているのだから殺されて当然だ」と、殺人犯の金氏の肩を持つ世論が圧倒的だというのだ。情報筋が言う。

「軍や警察、党幹部などによる不倫は今や当たり前。特に農場や建設現場などに強制的に動員される女性などは恰好のターゲットだ。幹部は若い女性の1人や2人は囲って当然という風潮がはびこっている」

(参考記事:北朝鮮「最高権力」の秘密を知りすぎた女たち

軍隊内でも性暴力

不倫の見返りとしては、食糧や生活物資の特別供給などの「現物」や、女性の職場での昇級などが供与されると、情報筋は説明する。作業現場に動員される女性は、賄賂で労働を逃れられない貧しい家庭の場合が多いため、幹部たちは見返りをちらつかせ、大っぴらに不倫を強要しているとのことだ。また、同様の現象は軍隊内にも見られ、昇進をエサにした性暴力も横行している。

(参考記事:脱北女性、北朝鮮軍隊内の性的暴力を暴露「人権侵害と気づかない」

先の3月には、 不倫相手の検察幹部を「バック」に、警察(保安署)の取締りを逃れてきた覚せい剤の密売を行う女性が、保衛部に捕まり重刑を言い渡される事件があったと情報筋は付け加えた。

妻子まで報復殺人

いくら北朝鮮とはいえ、警察官の殺人を支持する声が大きいというのは、にわかに信じがたい。

    関連記事