北朝鮮の朝鮮中央通信は13日、金正恩党委員長が機械設備の展示場を視察したことを報じた。視察日は不明だが、朝鮮労働党第7回大会が閉幕してから初の視察と見られる。

機械設備展示場を視察した金正恩氏(2016年5月13日付労働新聞より)
機械設備展示場を視察した金正恩氏(2016年5月13日付労働新聞より)

同通信によると、金正恩氏は、金星トラクター工場で作った新型80馬力トラクターを見ながら、「すべての技術的性能が世界的水準に堂々と上がった能力の大きい新型のトラクターを100%われわれの力と技術で作ったのは、大した成果である」と満足した。

さらに、金正恩氏は、新型のトラクター、バス、トラックなどの機械製品を明るい微笑を浮かべて眺めながら「本当にすばらしい、大したものだ」と述べ、次のようにスローガンとする「自強力」や「輸入病根絶」を強調した。

機械設備展示場を視察した金正恩氏(2016年5月13日付労働新聞より)
機械設備展示場を視察した金正恩氏(2016年5月13日付労働新聞より)

「展示場に出品された機械製品は自強力が第一であり、自力自強がまさにわれわれが生きる道だということを再び実証するとし、われわれは是が非でも輸入病を根絶して輸入病に完全に終止符を打たなければならない」

視察には、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)、朴奉珠(パク・ポンジュ)、崔龍海(チェ・リョンヘ)、崔泰福(チェ・テボク)、李洙墉(リ・スヨン)、金平海(キム・ピョンヘ)、呉秀容(オ・スヨン)、郭範基(クアク・ポムギ)、金英哲(キム・ヨンチョル)、李萬建(リ・マンゴン)、李哲萬(リ・チョルマン)の各氏が同行した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩元帥が機械設備展示場を視察

【平壌5月13日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長、共和国国防委員会第1委員長、朝鮮人民軍最高司令官の金正恩元帥が、母なる党の大会に捧げる衷情の勤労の贈物として製作した機械設備の展示場を見て回った。

金正恩元帥は、金星トラクター工場で作った新型の80馬力トラクターを見た。

すべての技術的性能が世界的水準に堂々と上がった能力の大きい新型のトラクターを100%われわれの力と技術で作ったのは、大した成果であると大きな満足の意を表した。

農業機械部門で新しく製作した各種の農業機械を見て、わが国の自然地理的特性と朝鮮人の体質に合わせて立派に作ったと語った。

金正恩元帥は、勝利自動車連合企業所が新たに開発した115馬力ディーゼル機関の5トン級トラック、清津バス工場が新型のバスを立派に作ったと述べた。

金正恩元帥は、金鍾泰電気機関車連合企業所で製作した性能の高い電気機関車、水産部門で造船した「黄金の海」系列の万能化された漁船、嶺南船舶修理工場で造船した5000トン級貿易貨物船を直観物を通じて見て、国の鉄道部門と水産業、海上運輸の発展に寄与できる誇るに足る成果を収めたととても喜んだ。

われわれの力と技術、われわれの資材で作った新型のトラクター、バス、トラックをはじめとする機械製品を明るい微笑を浮かべて眺め、本当にすばらしい、大したものだと重ねて満足し、今回の展示会は自強力第一主義のスローガンを高く掲げて富強祖国建設のための総突撃戦に決起した千万の軍民に信念と楽観を与えるうえで出来事的な意義を持つとした。

金正恩元帥は、展示場に出品された機械製品は自強力が第一であり、自力自強がまさにわれわれが生きる道だということを再び実証するとし、われわれは是が非でも輸入病を根絶して輸入病に完全に終止符を打たなければならないと強調した。

金正恩元帥は、自強力第一主義を強く発揮していろいろな機械製品を立派に製作した単位に朝鮮労働党第7回大会の名義で感謝を贈り、一日も早くロット生産に入るように指示を与えた。

また、われわれは今後も自らの力と技術、資源に基づいて主体的力量を強化し、自分の前途を切り開く革命精神である自強力第一主義を高く掲げて進むべきだとし、われわれが信じるのはただ自分の力しかないと力を込めて述べた。

金正恩元帥は、すべての軍隊と人民が自強力第一主義を高く掲げて朝鮮労働党第7回大会が打ち出した路線と政策の貫徹において驚異的な成果を多発的に、連発的に生み出すとの期待と確信を表明した。

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員の黄炳瑞、朴奉珠、崔龍海の各氏と朝鮮労働党中央委員会の金己男、崔泰福、李洙墉、金平海、呉秀容、郭範基、金英哲、李萬建の各氏、朝鮮労働党中央委員会の李哲萬部長が同行した。

    関連記事