平安南道(ピョンアンナムド)のデイリーNK内部情報筋によると、この歌が発表された1960年代、人々は本当に労働党を信じ、忠誠を尽くしていた。

決して豊かではなかったが、食べる心配はなかった。国営商店には選択肢は多くなくとも、安価な商品が並んでいた。

しかし、80年代から悪化し始めた経済は、90年代後半の未曾有の大飢饉「苦難の行軍」へとつながった。北朝鮮は、経済はもちろんのこと、国のシステムの根幹が破綻してしまった。共産主義の国から、弱肉強食、拝金主義の国になり、人々の指導者や労働党への忠誠心はすっかり色あせてしまった。

金正恩氏は、祖父金日成氏の七光を最大限に利用する政策の一環として、この歌に賞を与え、「古き良き時代」のノスタルジーを巻き起こし、民心を取り戻そうとしたのだ。

しかし、現実は全く功を奏していない。

    関連記事