日本のヤクザは6割が同和で3割が在日――。

ネットで検索すると、かつてある「識者」がほぼ無根拠に語ったこの言葉が、今も大量に電脳空間を漂っている。一方、これがいかに荒唐無稽な言説であるかを客観的に論破した主張も見かけるので、ここで屋上屋を架すことは敢えてしない。

ただ、1980年代に東京の朝鮮高校に通った私の同期男子(約200人)の中に、「本職」のヤクザとなった者が皆無であることは、本稿にとって意味のある事実なので念のため述べておこう。在日韓国・朝鮮人(以下、在日)のヤクザは、総数としてはかなりの少数派なのだ。

さて、私は決して、ヤクザの世界における在日の存在感の大きさを否定したいわけではない。逆に、それは客観的な事実だと思っている。

「親分の在日比率」

参考になるのが、警察庁発表の「平成26年の暴力団情勢」だ。山口組の分裂や極東会会長の引退が反映されていないデータではあるが、近年のすう勢は分かる。

これを見ると、全国の指定暴力団21団体のうち、明らかに在日の名を持つ親分に率いられた組織は5団体。そして、これら21団体の構成員は計2万1500人だが、そのうちの2割弱が在日の親分に従っている構図だ。

日本の総人口に占める在日の比率が、戦後に帰化した者まで含めてもせいぜい1~2%前後であろうことを考えると、「親分の在日比率」はかなり高い。

また、分裂した山口組の双方の組織において在日の幹部が枢要な地位を占めているのを見ても、この世界における在日の「出世ぶり」が顕著であることは否めない。

「組をおかしくしている」

では、その理由はどこにあるのか。

よく言われるのが、日本社会のアウトサイダーとしての「向こう見ずさ」である。民族差別と貧困の中で「学歴と就職」による成功の道を断たれ、己の度胸と腕力に頼るしかなかった――とする物語だ。

たしかに、現在の老ヤクザたちが若かった頃には、そういった社会的背景があった。そして、在日ヤクザの「向こう見ずさ」の象徴的存在が、約100人の敵陣にわずか8人で殴り込み、「殺しの軍団」の異名を得た柳川組の柳川次郎(梁元鍚)元組長だろう。

しかし、向こう見ずで暴力的なだけでは、ヤクザの世界では必ずしも大きくなれない。

2週間で壊滅

山口組事情通によると、かつてこんなことがあった。

「1981年から翌年にかけて、三代目の田岡一雄組長と山本健一若頭が相次いで病死し、四代目跡目問題が浮上しました。このとき、『朝鮮人が山口組をおかしくしている』という内容の書かれた怪文書が出回わった。最高幹部のある1人を指したものでした」

このとき彼が攻撃の対象となったのは、かつて明友会に所属していたからにほかならない(本人は在日出身であることを否定していたのだが)。

明友会は1953年ごろ、大阪・鶴橋駅の高架下にあった国際マーケットを根城に、在日の若者を主体に結成された新興愚連隊で、間もなくミナミにも進出。急速に勢力を伸ばし、構成員1千人を豪語するほどだった。当時、ミナミには「三国人」への対抗を掲げた南道会などの既存勢力があったが、明友会に押される形勢だったという。

ところが1960年8月、山口組との抗争がぼっ発するや、明友会はたった2週間で壊滅してしまった。

両者の差は、組織力にあったとされる。日本の社会に根差した歴史あるヤクザ組織に、差別や貧困に対する刹那的な激情を共有しただけの愚連隊はかなわなかったのだ。

経済ヤクザの系譜

出世した在日ヤクザは単なる暴れん坊ではなく、計算にも長けていたのだ。

あまり語られることはないのだが、出世した在日ヤクザには「経済ヤクザ」が少なくない。現在の主要な指定暴力団の親分や最高幹部クラスにも、図抜けた財力を持つ面々が並ぶ。

山口組2次団体の元企業舎弟が話す。

「在日に対する民族差別があったのは事実だし、大多数が貧しかったにしても、在日にはぶっ飛んだカネ持ちだって少なくなかった。とくに在日ヤクザの周りには、度胸と才覚でのし上がった在日の商売人が必ずいた。とくにむかしの金融業界では、有力者はことごとく在日だったんじゃないか。R興業のGさん、T商事のKさんとかね。彼らはヤクザの親分にカネを貸し、それを回収できる手腕を持っていた」

大物政治家のスポンサー

かつて、在日はまともな事業者であっても、日本の金融機関から融資を受けるのは難しかった。そんな中、「民族産業」のひとつとして発達した商売が高利貸しである。

高利でカネを借りることは、普通の商売人にとってはリスキーだ。しかし、そもそも「ハイリスク・ハイリターン」なシノギを稼業とするヤクザにとって、高利貸しは非常に便利な存在である。

また、資産インフレが続いていた高度成長期には、どれだけ早く動き、有望な不動産を確保するかが商売の要でもあった。

「典型的だったのが、在日のパチンコ屋。駅前の一等地を、相場より高いカネを使ってでも押さえなければならない。当然、同業者と競合するからヤクザの腕力も要る。西日本の超大物政治家のスポンサーとして知られるパチンコ業者も、そうやって商売を広げたんだ」(西日本の金融業者)

バブル紳士の中心

どんなビジネスにも「汚れ仕事」の需要はあるものだが、1980年代のバブル期にはむしろ、こうしたやり方が日本経済の主流にさえなった。

不動産価格が毎日のように上昇する中では、一日も早く土地を仕入れることが大事だ。銀行のグループ会社や上場デベロッパーが地上げに手を染め、その現場を担ったのが「スピード=腕力」に定評のあるヤクザ組織だった。

そして、当時暗躍したバブル紳士たちの中心に、ヤクザとつながる在日人脈がいたのもまた事実だ。

在日ヤクザの一部は、政治家人脈にも食い込んだ。筆頭に名前が挙がるのは町井久之だろう。町井は、本名を鄭建永という。

最重要パートナー

1923年、東京に生まれた町井は戦後、在日を中心に1500人の無頼漢を糾合し、東声会会長として名をはせた。政界の黒幕・児玉誉士夫と昵懇であり、日韓国交正常化の立役者だった岸信介とも接近した。

国交正常化後、ソウル市地下鉄開発など巨額の日韓ビジネスを差配していた岸は、町井が利権に食い込むための最重要パートナーだった。

ほかにも前述した柳川や会津小鉄会の四代目会長だった高山登久太郎(姜外秀)が、韓国情報機関のエージェントとして日韓関係構築の黒子として動いていたという説もある。

つまりは民族差別によってオモテ社会からはじかれ、日本経済の「周辺」で蠢いていた在日ヤクザたちは、時代の変化の中でその「中心部」に呼び込まれたわけだ。

だが、苛烈だった民族差別もいつしか消え、若い世代の在日にそれを体験した人は少ない。4世以降は、生まれつきオモテ社会の住人として認められている。日本人と同様にスポーツや勉強に打ち込み、就職氷河期も経験してきた彼らに、先輩世代のヤクザのような「汚れ仕事」の腕を磨く余地は、多くはなかったのだ。

(取材・文/ジャーナリスト 李策)

    関連記事