北朝鮮が来年3月までに、両江道(リャンガンド)に駐屯している朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の、兵力を大幅に増員することを決定した。

両江道のデイリーNK内部情報筋によると、最近、両江道の地区司令部(第10軍団)の人員を1万人増やすようにという国防委員会の命令が下された。それに伴い、12月からの冬季訓練の前に3千人、来年3月の招募事業(徴兵事業)でさらに7千人増やすことになった。

その背景について情報筋は、咸鏡北道(ハムギョンブクト)、平安北道(ピョンアンブクト)、慈江道(チャガンド)に配置された兵力と比べて脆弱な両江道の兵力を増強するためものだと説明した。

    関連記事