中朝貿易最大の拠点である中国・丹東市で、韓国企業が多数参加する見本市が開催されると韓国メディアが報じた。

遼寧省貿易促進会と丹東市政府によると、来月9日から13日まで、丹東市の国門湾広場で「第1回中韓国際博覧会」が開催される。見本市には、100社を超える韓国企業や、中国、ロシア、日本、台湾、インド、南アフリカなど20カ国の2000の企業が参加する予定だ。

丹東市の関係者は聯合ニュースの取材に「対北朝鮮制裁が今後も続くことが予想されるため、韓国を貿易パートナーとして選び、交流を拡大する」「見本市を契機に、中国、韓国、日本が参加する『丹東自由貿易区』の造成にも力を入れたい」と語った。

    関連記事