先日、大阪・読売テレビの討論番組「そこまで言って委員会NP」で、金正日(キム・ジョンイル)総書記の元専属料理人、藤本健二氏(仮名)と同席した。収録後の立ち話で、藤本氏は金正恩氏から聞いた話を基に、「北朝鮮は核とミサイルを放棄するはずがない」と断言した。

筆者も、藤本氏の見立てと同意見で、金正恩氏は、今回の党大会を通じて「北朝鮮は核保有国」であることを強調すると予想していた。大会2日目の7日に、金正恩氏が行った事業総括報告を読む限り、その見立てはおおよそ当たっていたようだ。

しかし、多くの大手メディアは「金正恩氏がはじめて非核化について言及」とタイトルに打つ。確かに、金正恩氏は「非核化」について言及したが、問題は、その意図である。

「核武力を質量的にさらに強化していく」

金正恩氏が報告した事業総括は、朝鮮中央通信を通じて、全文が朝鮮語(韓国語)で配信されている。膨大な量だが、少なくともそのうちの核開発に関する箇所をしっかりと読見込めば「非核化」という言葉が、いかに自分勝手な主張かということがわかる。

まずは、正恩氏の核に関するいくつかの発言を引用しよう。