中朝国境に面した北朝鮮・両江道(リャンガンド)の恵山(ヘサン)市で、大規模な立ち退きが行われる予定だという。

デイリーNKの内部情報筋によると、金正恩党委員長が「国境地域を再整備せよ」と指示したことから進められている事業で、住民の間には不安が広がっている。

立ち退き話は、「70日戦闘」で朝から晩まで働かされてきた人々が、ようやく終わって一息付けると思っていた矢先に降って湧いた。

突然の話に、住民たちは当惑し、不安に駆られている。家とともに庭先の個人耕作地も失うことになり、食料を確保できない状況に陥る可能性もあり、さらに不安を煽っている。