5月6日から始まる朝鮮労働党第7回大会に向けて、北朝鮮が核実験を行うのではないかという見方が強まりつつあったが、先週末を境にして、否定的な見方も出てきた。

米ジョンズホプキンス大の北朝鮮専門サイト「38ノース」は、先月28日に撮影された衛星写真を分析した結果、「低いレベルの活動が続いているが、様々な状況を総合すると、単なるメンテナンスなのか、核実験が近づきつつあるのか見極めるのは難しい」と報じた。

過去3回の核実験が行われた北側の坑道には、2台の車両とトレーラー、複数台の鉱物運搬用のトロッコが見え、北側と西側の坑道には少量の廃石が見られるものの、それ以外の動きは観測されていない。

「抜き打ち」も可能

また、人員の姿は見えるものの、作業は行っておらず、サッカーを行っていると思しき姿がとらえられた。

38ノースは、北朝鮮は事前のアラートや兆候なしの「抜き打ち核実験」を行う能力を有しているとし、実験強行の可能性を完全に排除できないことを示唆した。

米国政府は北朝鮮が党大会を控え、核実験を強行する可能性を排除できないと見ており、韓国国防省関係者は「北朝鮮は準備を終え、指導者がゴーサインを出せばいつでも核実験が行える状態にある」との見方を明らかにしている。

その一方で、失敗続きのミサイル実験で核実験が与えるインパクト減少、米韓軍事演習の終了、中国の強硬な態度などの理由を挙げ、当面の核実験はないだろうと見る向きも現れつつある。

    関連記事