北朝鮮の首都・平壌は36年ぶりの朝鮮労働党大会(第7回)を5月6日に控えて事実上封鎖され、厳戒態勢に入った。そんな中、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、「反政府的」な事件が相次いで発生しているという。

咸鏡北道(ハムギョンブクト)の内部情報筋によると、4月15日の太陽節(故金日成主席の生誕記念日)の夜中に、清津(チョンジン)市浦港(ポハン)区域の北郷洞(プッキャンドン)の洞事務所(役場)の掲揚台に掲げられていた、北朝鮮国旗が何者かに盗まれた。

北朝鮮で国旗の毀損、窃盗は、反逆罪で処刑されることもある重大な政治犯罪だ。政治ポスターを破損させたり、持ち帰ってトイレットペーパーとして使うのとはワケが違う。

太陽節と党大会を控え、厳戒態勢を敷いている中で起きた事件だけに、中央と地方の司法当局は、要員を総動員して捜査に乗り出した。

残忍さ増す粛清

実は、昨年9月9日の建国記念日にも、両江道(リャンガンド)で国旗掲揚台から国旗が外され、代わりに黒いビニール袋が弔旗のように吊り下げられる事件が発生していた。

さらに今月12日には、清津のすぐ南にある鏡城(キョンソン)郡で、反政府的な内容が書かれたと思われるビラが撒かれる事件も発生した。

詳しい状況は明らかになっていないが、道の保衛部(秘密警察)と保安局(警察)は「筆跡調査」に乗り出し、全住民に原稿用紙10枚の文章を自筆で書かせ、提出させた。しかし3回繰り返したにもかかわらず、捜査は進展せず、結局は犯人の逮捕には至らなかった。

北朝鮮の治安機関は、反政府ビラが発見されるたびに、こうした筆跡調査を行う。昨年4月、次のような落書きが見つかった時も大々的な筆跡調査が行われた。

「金正恩政権は残忍な処刑を行っている」

「金正恩は父金正日より百倍ひどい人殺し」

「米軍歓迎。お前ら(金正恩氏)は出て行け」


今回のビラの内容は伏せられているが、当局が筆跡調査を繰り返していることを考えると、金正恩氏に対する批判が書かれていた可能性もある。

北朝鮮の住民は、太陽節と党大会に向けた準備作業や、大増産運動「70日戦闘」などで頻繁に動員され、休日にもまともに休めない状況が数ヶ月間続いている。そこに加えて、経済制裁による不況が追い打ちをかけていることが、相次ぐ反政府的な動きの背景にあると思われる。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事