北朝鮮の首都・平壌は36年ぶりの朝鮮労働党大会(第7回)を5月6日に控えて事実上封鎖され、厳戒態勢に入った。そんな中、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、「反政府的」な事件が相次いで発生しているという。

咸鏡北道(ハムギョンブクト)の内部情報筋によると、4月15日の太陽節(故金日成主席の生誕記念日)の夜中に、清津(チョンジン)市浦港(ポハン)区域の北郷洞(プッキャンドン)の洞事務所(役場)の掲揚台に掲げられていた、北朝鮮国旗が何者かに盗まれた。

北朝鮮で国旗の毀損、窃盗は、反逆罪で処刑されることもある重大な政治犯罪だ。政治ポスターを破損させたり、持ち帰ってトイレットペーパーとして使うのとはワケが違う。

(参考記事:「金正恩ポスター」をトイレットペーパー化する北朝鮮大衆

太陽節と党大会を控え、厳戒態勢を敷いている中で起きた事件だけに、中央と地方の司法当局は、要員を総動員して捜査に乗り出した。

残忍さ増す粛清

実は、昨年9月9日の建国記念日にも、両江道(リャンガンド)で国旗掲揚台から国旗が外され、代わりに黒いビニール袋が弔旗のように吊り下げられる事件が発生していた。