北朝鮮の朝鮮中央通信は28日、米国の核戦力を非難しながら、ロシアと中国の軍事力が、同国を上回っていると主張する論評を配信した。良好な関係にあるロシアだけでなく、関係悪化している中国を評価した意図に注目される。

論評は、「新たな冷戦―21世紀の核軍備競争がすでに始まり、その主犯はほかならぬ米国だ」と指摘しながら、「冷戦の終息後、米国は自国と比肩できる強国がこれ以上出現できないようにする目的の下で悪らつな力の政策に執着してきた」と米国を非難した。

一方、「ロシアと中国も、米国が地域諸大国に対する軍事的制圧を露骨に唱えて核兵器の近代化策動に狂奔していることに注目し、戦略武力の強化にさらなる力を入れている」と主張した。

そのうえで「ロシアは4の小型核弾頭を装着した新世代の長距離弾道ミサイルの配備を始め、海底用核打撃手段も開発している」としながら「(ロシアは)米国はロシアの集中攻撃を防げないと公に宣言した」と紹介した。

さらに、「(中国は)地球上のいかなる目標も1時間以内に打撃できる『極超音速滑空機』の開発において米国をはるかに先んじている」としながら「今月12日には、射程が1万5000キロで米東部地域まで打撃できる新型大陸間弾道ミサイル『東風41』の試射を強行した」としながら、ロシアと中国の戦力が、米国を上回っているという見方をしめした。

最後は、「21世紀の核軍備競争の開始はすなわち、米国滅亡の始めである」と強調しながら「時代錯誤の世界制覇に浮ついた米国は、必ず最終的破滅の運命を免れられないであろう」と米国を非難した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

21世紀の核軍備競争が始まった 朝鮮中央通信社論評

 

【平壌4月28日発朝鮮中央通信】最近、米国のメディアと軍事専門家の間でオバマ行政府のヒステリックな核兵器の近代化策動によって、大国間に核戦力不均衡が生じて新たな冷戦時代が到来しているという主張が響き出ている。

至極正しい主張である。

この主張には、世界の懸念をかき立てる新たな冷戦―21世紀の核軍備競争がすでに始まり、その主犯はほかならぬ米国だという厳然たる事実が集約されている。

米国は20世紀末、旧ソ連の崩壊による冷戦終息のおかげで一滴の血も流さずに「唯一超大国」の地位に上がった。

冷戦の終息後、米国は自国と比肩できる強国がこれ以上出現できないようにする目的の下で悪らつな力の政策に執着してきた。

しかし、そのような世界制覇、一極化策動は諸大国をして経済発展を促して米国と戦略的力のバランスを取ろうとする意志だけをさらに固めさせた。

これに危惧を感じた米国がこんにち、欺まん的な「非核化」うんぬんの幕の裏で核兵器と発射システムの小型化、ステルス化、精密化の実現に拍車をかけている。

今、米国は莫大な財政的支援の下で5つの形態の新しい核弾頭とその運搬手段を開発しており、爆撃機から発射された後、長距離飛行で敵のミサイル防御システムを突破して目標を打撃する長距離巡航ミサイルの保有も画策している。

ロシアと中国も、米国が地域諸大国に対する軍事的制圧を露骨に唱えて核兵器の近代化策動に狂奔していることに注目し、戦略武力の強化にさらなる力を入れている。

すでに、ロシアは4の小型核弾頭を装着した新世代の長距離弾道ミサイルの配備を始め、海底用核打撃手段も開発している。

昨年末、ロシア戦略ロケット軍の司令官はロシア武力において新型戦略ミサイルシステムが占める比重は56%に増加したとし、入手した軍事情報を分析してみると、米国はロシアの集中攻撃を防げないと公に宣言した。

中国も、地球上のいかなる目標も1時間以内に打撃できる「極超音速滑空機」の開発において米国をはるかに先んじている。

今月12日には、射程が1万5000キロで米東部地域まで打撃できる新型大陸間弾道ミサイル「東風41」の試射を強行した。

世界を支配しようとする米国の核兵器近代化策動は、上記のように米国自体を脅かすブーメランとなっている。

最近、米陸軍参謀総長が議会上院軍事委員会の公聴会で発表した米軍の戦闘力に関する報告書で、「もし、米国が任意の時刻に朝鮮、中国、ロシアなど軍事諸大国との戦争を行う場合、米軍の戦闘力が当然な水準にあるとは言えない」と言ったのは米国が瀕した不利な境遇を反映したものである。

21世紀の核軍備競争の開始はすなわち、米国滅亡の始めである。 米国が一極支配体系確立という妄想の中で核兵器の近代化をはじめ世界的な緊張激化策動に執着しなかったならば、新たな冷戦、アメリカ帝国の凋落という単語は初めから生じなかったであろう。

時代錯誤の世界制覇に浮ついた米国は、必ず最終的破滅の運命を免れられないであろう。

    関連記事