北朝鮮の朝鮮中央放送は27日、「党中央委員会政治局は、朝鮮労働党第7回大会を2016年5月6日、革命の首都平壌で開会することを決定する」と報道した。

北朝鮮が労働党大会を開催するのは1980以来、36年ぶりだ。昨年10月30日に、党大会を開催すると発表した。労働党規約によると党大会の招集は5ヶ月前にしなければならない。

その後、北朝鮮は、各級機関別に代表会を開き、党大会に参加する代表者などの手続きを進めてきた。労働党規約によると、党大会では、以下のようなことが議論される。

●中央委員会・党中央検査委員会の事業総括(分析) ●党の綱領と規約の採択または修正・補充 ●党の路線と政策・戦略・戦術の基本的な問題討議決定 ●党総書記推戴 ●党中央委員会と党中央検査委員会の選挙などを行う。

今回の労働党大会は、金正恩第1書記が発足して以来、初めて開かれる大会だ。さらに1980年10月以来、36年ぶりの大会ということでは、大きな意味を持つ。しかし、金正日総書記時代には、一度も開かれなかった労働党大会をなぜこのタイミングで開催するのか。

(参考記事:金正恩氏、36年ぶり党大会で狙う「オヤジ越え」

最大の狙いは、金正恩氏が、国内外に向けて、名実ともに北朝鮮の最高指導者であることをアピールするためだ。父でさえ開けなかった党大会を開くことによって、自分の権威を高め、絶対的独裁者として君臨するためだ。