デイリーNKは、日本企業と契約している中国の水産加工会社が、違法な条件と環境で北朝鮮人の従業員に労働を強いているとの情報をキャッチした。これまでにも北朝鮮レストランのウェイトレスが、時には強制売春などを強いられている実情を伝えてきたが、改めて北朝鮮の外貨稼ぎの現場で、人権侵害が行われている実態が明らかになりつつある。

情報を提供した中国の対北朝鮮情報筋によると、現場となっているのは、中朝国境に面した遼寧省丹東市の某水産加工会社だ。同社は、北朝鮮当局と契約を結び、北朝鮮出身の女性従業員200人を雇用している。

同社が従業員1人に支払う月給は500ドル(約5万5000円)。北朝鮮当局はそのうち350ドル(約3万9000円)をピンはね。北朝鮮から派遣された現場責任者は、残りの150ドル(約1万7000円 )のうちの一部を従業員に給料として渡していた。額は不明だが、1万7000円の一部から支払われるわけだから、かなりの割合でピンハネされていることになる。

ちなみに中国・丹東市政府は、1ヶ月の最低賃金を1200元から1320元(約2万500円から2万2500円)と定めている。中国の労働関連法規は、会社に重大な損失を与えた従業員の給料から、最低賃金を下回らない範囲で天引きすることを認めているが、この水産会社で仮に150ドル全額が支払われていたとしても、規定の額を下回る。つまり違法だ。

しかし最近では、それすらも渡されなくなったという。なんと、現場責任者が水産加工会社に「6ヶ月分の給料を前借りさせてくれ」と強く要求し、北朝鮮に全額を送金してしまったのだ。

朝鮮労働党第7回大会を控え、喉から手が出るほど外貨が欲しい北朝鮮当局からの指示だったと見られる。経済制裁の影響で外貨稼ぎの柱だった北朝鮮レストランで閑古鳥が鳴くような状況になり、収入源の穴埋めを図ったとみられる。

一方、中国の水産加工会社は日本企業との新規契約を獲得。作業量が増えたため、向こう6か月の労働力を昇給なしで確保できることになる北朝鮮側からの要求は、まさに「渡りに船」だった。さらに「給料を増やすために、1日の労働時間を12時間から13時間に増やして欲しい」との要求もあったが、これも違法だ。

中国の労働法では、労働時間は1日8時間、週平均44時間以内、残業は組合や労働者との協議を行った上で、1日3時間を超えない範囲で認められているが、1ヶ月に36時間を超えてはならないと規定されている。

北朝鮮から派遣された労働者は、午前5時から午後6時まで働かされ、月に2回しか認められていなかった休日すら、保証されなくなった。さらに、早退、病気治療、外出もろくに認められず、10人1組の生活を強いられている。

「少しでもおカネを稼ぎたい」という切実な思いで、中国に渡った北朝鮮の女性たちは、労働時間の長さ、給料の少なさ、自由のなさに強い不満を抱き、嘆いているという。

丹東市政府は、水産会社のこうした違法行為を黙認しているが、その理由については不明だが、問題は、こうした北朝鮮の人権侵害に日本企業が関わっている可能性があることだ。海外に派遣された北朝鮮労働者の人権侵害の問題は、国連においても問題視されてきている。さらに日本政府は、独自制裁の一環として、北朝鮮を原産地、または船積地域とする全ての貨物の輸入を禁じている。

(参考情報: 北朝鮮との輸出入禁止措置【経産省】)

しかし、中国の水産会社と契約した日本企業は、知ってか知らずか、人権侵害が横行する工場で、北朝鮮労働者が加工した水産品を輸入し、日本の消費者に届けていることになる。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事