北朝鮮北部の山間地域を中心に、野菜の値段が急騰し、庶民の暮らしを直撃している。

両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋によると、今年2月には1キロ2500北朝鮮ウォン(約37.5円)だった白菜が、4月に入って7000北朝鮮ウォン(約105円)まで高騰。これはコメ(5080北朝鮮ウォン、約76円)より高い。大根も1200北朝鮮ウォン(約18円)から3100北朝鮮ウォン(約46.5円)に上がった。

野菜価格の高騰には様々な要因が考えられる。もともと、朝鮮半島の春は、「春窮」または「ポリコゲ」と呼ばる季節だ。越冬用に蓄えておいた食糧が底をつき、麦の収穫が始まるまで飢えに苦しむ。韓国ではもはや昔話だが、慢性的な食糧不足に苦しむ北朝鮮では、現時進行形の話しだ。