これから、北朝鮮とイランの関係に注目が集まることになるかもしれない。次期在韓米軍司令官のブルックス氏は、19日に行われた米上院軍事委の公聴会で、北朝鮮とイランのミサイル開発協力について「世界にとって極めて危険だ」と述べた。その同じ日、下院で開かれたセミナーではイスラエルのミサイル専門家が、北朝鮮がイランのミサイル技術を直接・間接的に導入していると指摘。それをボイス・オブ・アメリカ(VOA)の韓国語版が報じている。

知ってのとおり、イスラエルとイランは敵対関係にある。また、核開発問題で妥結に至ったものの、米国の保守政界などにはイランに対して厳しい見方を維持する向きも多い。それに、VOAは米政府系のメディアだ。ここへきて北朝鮮とイランの関係がクローズアップされる裏には、何らかの意図があるような気もする。

とはいえ、北朝鮮とイランが軍事的に密接なつながりを持ってきたのは事実だ。一昨年から昨年にかけても、両国が核・ミサイル分野で協力関係を維持していることをうかがわせる様々な情報が浮上。日本の公安調査庁も注目している。

北朝鮮と、中東イスラム国家との軍事協力の歴史は古い。第4次中東戦争に際し、北朝鮮はエジプトとシリアに空軍を派遣。中東戦争でイスラエル軍と戦っており、その後も両国に様々な武器を販売してきた。とくにシリアとの関係は密接で、金正恩第1書記とアサド大統領は頻繁にエールを交換し合っている。

イランとは、1979年のイスラム革命後に接近し、アフマディネジャド前大統領の出身母体である革命防衛隊が窓口となり、潜水艇などの武器取引を行ってきた。

こうした事実を踏まえれば、たとえば米国が北朝鮮・イラン関係を槍玉に上げようと考えたとしても、それはむしろ自然なことだ。また、単に北朝鮮の核・ミサイル開発を抑え込むためだけでなく、「北の核」に対する潜在的需要をけん制する上でも、北朝鮮と一部の国々との関係を監視すべしとの論調は強まってくるかもしれない。

もっとも、金正恩氏の暴走の裏には、人権問題のために先進民主主義国とは正常な関係が築きえないことへの絶望と、不確実さを増す世界の危険な潮流への期待がある。生半可なけん制で、その動きを止めることはできないだろう。


高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事