北朝鮮が第4次核実験と長距離弾道ミサイルの発射を強行したことに対して、国連安全保障理事会が対北朝鮮制裁決議「2270」を採択したのが3月2日。「史上最強」とも言われる内容だが、果たして実効性はあるのだろうか。

つい先日、中国の北朝鮮レストランの従業員ら13人が集団脱北し、韓国入りした。韓国政府は、独自の対北制裁の一環で、自国民に対し北朝鮮レストランの利用を自粛するよう勧告していたこともあり、「制裁の実効性が出てきている」と判断している。



制裁のカギを握ると言われている中国も、表向きは国際社会に足並みを揃える姿勢を見せている。中国は、これまで厳しい制裁によって北朝鮮を追い込むことに消極的だった。しかし、金正恩第1書記は、核実験と長距離弾道ミサイル発射を断行するなど、中国に対して露骨に反発を続けてきた。度重なる警告を顧みず、傍若無人に振る舞う正恩氏に対して、ついに中国もさじを投げたといったところだろうか。

その一方、依然として中朝間で鉱物資源が取引されているという情報もある。

米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、北朝鮮で採掘された「亜鉛」と「銅」が、制裁採択以後も増産され、中朝で設立された合弁企業を通じて中国へ輸出されているというのだ。亜鉛と銅に関して、中国は輸入禁止品目として指定しておらず、制裁の抜け穴を突いた形だ。鉱物資源だけに取引額は大きく、その収益は金正恩第1書記個人の金庫に収まる。

中朝間のみならず、世界各国に駐在する北朝鮮の外交官や当局者は、合法・非合法問わず様々なビジネスを行い、外貨規制を避けてその利益をハンドキャリーで自国に持ち運んできた。国際社会も北朝鮮の「外貨運び」には目を光らせているが、全てを摘発するには至っていない。

先月には、スリランカで約1829万円の現金をカバンに入れて持ち運んでいた北朝鮮人2人が国際空港で摘発されたと韓国の聯合ニュースが報じた。二人は、わざわざ不自然な航空ルートを使い、外貨現金を持ち運ぼうとしたようだ。おそらく、こうして摘発される事例も氷山の一角だろう。北朝鮮は、国連から10年間も制裁を受けており、この間、様々な制裁逃れのノウハウを蓄積しているはずだ。

北朝鮮が、世界を股にかけて、こうした違法行為を繰り返す限り、仮に金正恩氏が核とミサイルを放棄したとしても、国家としての信頼を取り戻すのは並大抵ではない。いや、そもそも暴走を続ける金正恩氏にとって、国家間の信頼関係など今さら取るに足らないものなのかもしれない。


高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事