今月8日、中国浙江省の寧波市にある北朝鮮レストラン「柳京食堂」の支配人と従業員13人が集団脱北し、韓国に入国したことが明らかになった。続報によると、同じ職場の従業員数人も、脱北を模索していると伝えられている。

脱北連鎖の可能性もある中、北朝鮮当局は、中国で勉学に励む留学生に対して召喚命令を出したと、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。

匿名を希望した中国・丹東市に所在する某大学の関係者は、RFAに次のように語った。