北朝鮮の祖国平和統一委員会のスポークスマンは17日、北朝鮮が海外で運営するレストランの従業員13人が集団脱北したことについて、「朴槿恵逆賊一味は集団誘引・拉致蛮行の犠牲者である共和国公民らを即刻送還すべきだ」と、朴槿恵政権を非難する声明を発表した。同日、朝鮮中央通信が配信した。

声明では、「最近、朴槿恵一味は中国現地の仲買人らと共謀して中国の浙江省寧波で食堂を運営していたわが従業員らを最も卑劣かつ野蛮な手口で他国に誘拐した後、南朝鮮に拉致していく白昼強盗さながらの悪行を働いた」としながら「今回誘拐された共和国公民たちはみんなが共和国の懐でこの世に何うらやむことなく思う存分学び、育った幸福童、才人である」と主張。

さらに「ありがたいわが社会で高度に安定した生活を享受してきた彼らがわが制度に対して、愛する父母妻子に対して「懐疑」の念を抱くいかなる社会的・政治的・経済的理由もない」としながら、朴政権に対して次のように要求した。